アロマテラピーと地球環境のポイント

 公益社団法人日本アロマ環境協会(にほんアロマかんきょうきょうかい、Aroma Environment Association of Japan、AEAJ)が行うアロマテラピーの検定です。 このページはりすさんが作成した試験問題アプリ、りすさんシリーズの紹介と試験に出題された項目をまとめたページです。

スポンサーリンク

アプリで学習するなら
▶androidアプリはこちら
▶アマゾンで購入はこちら

▶iphoneはこちら

目次
  精油の基礎知識
(1級,2級)
▶  精油のプロフィール(1級,2級)
▶  
アロマテラピー利用法(1級,2級)

▶  アロマテラピーの歴史(1級,2級)
▶  アロマテラピーと地球環境(1級,2級)
▶  アロマテラピーのメカニズム(1級)
▶  アロマテラピーと健康(1級)
▶  アロマテラピーに関する法律(1級)
▶ アロマテラピー検定の本(1級,2級)
▶ 精油キットを探す

アロマテラピーと地球環境

アロマ環境

 アロマテラピーを楽しむこと、アロマ環境を保全、創造することは一体。

生命の誕生と地球環境

 現在の地球環境は、植物によって大気に酸素が作られおり

 窒素78%
 酸素21%
 二酸化炭素0.04%になっています。

 環境に働きかける影響として、土の流出がありましが、植物が森林をつくることで、土砂流出は荒廃地の150分の1になっています。

植物と生物の関わり

 植物の葉や実は、食料として動物を支え、衣食住に関わる多くのものが植物から提供されています。
・綿、麻などの繊維や木材は建築資材、紙、衣類に使われる。

・作物や医薬品のもとになる植物は、75%が虫や鳥などに助けられて受粉します。

里地里山

 人が手入れをして、豊かな自然が維持された里山のことを里地里山といいます。
例:ため池、田んぼなど

地球が抱える環境問題

・大量生産・大量消費・大量廃棄

・地球温暖化

・開発や乱獲などによる絶滅の危機にある絶滅危惧種

・大量のゴミ
 日本では1年間に一般廃棄物で、45万トン(東京ドーム122杯)になる。

・大気汚染

・ヒートアイランド現象

・オゾン層の破壊

・酸性雨

・海や川の汚染

環境保存のための取り組み

 日本では、「公害対策基本法」や「環境基本法」といった法律が制定されています。私たちがこれから目標とするのは、「低炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」です。

環境改善のためにできること

3R=スリーアール
ゴミの発生を抑制・・・Reduce
繰り返し使用・・・・・・・Reuse
資源として再利用・・・Recycle

 具体的には、過剰包装を避ける、料理は食べきれる量を作る、繰り返しつかえる容器を活用する、回収・分別収集に協力する

AEAJの取り組み

 AEAJは「自然の香りのある豊かな環境」を「アロマ環境」と呼び、これを守る(保全)・育てる(創造)・楽しむ(活用)という3つの視点から、生活環境や社会環境を向上させる取り組みを推進しています。
 また、子ども立ちに自然の香りを体験してもらう、「香育」も進めています。

・環境カオリスタ検定

 地球と地球環境に野菜いライフスタイルを提案する検定です。

・「アロマ環境」の普及啓発を図ることが目的の「みどり香るまちづくり」企画コンテストとAEAJイメージフレグランスコンテストもあります。

目次
  精油の基礎知識
(1級,2級)
▶  精油のプロフィール(1級,2級)
▶  
アロマテラピー利用法(1級,2級)

▶  アロマテラピーの歴史(1級,2級)
▶  アロマテラピーと地球環境(1級,2級)
▶  アロマテラピーのメカニズム(1級)
▶  アロマテラピーと健康(1級)
▶  アロマテラピーに関する法律(1級)
▶ アロマテラピー検定の本(1級,2級)
▶ 精油キットを探す

スポンサーリンク