りすさんのコモディティ(原油、コーン、大豆、天然ガス)

 コモディティの原油、コーン、大豆、天然ガス等を自分用にまとめたサイトになります。コモディティに影響を与える気候、天気、年間を通した需要と供給、スケジュールについてまとめています。主に気象情報や定期的に発表される統計などのファンダメンタルズに基づくスイングトレード向きの内容になります。 

 参考文献 「”先取り”株式投資術 松本英毅 東条麻衣子 著」

気象情報

米海大気象局NOAA

世界気象機関WMO

日本気象庁

Weather News

北極振動インデックス Arctic Oscillation index

tenki.jp(カンザスシティ)

平均気温(℃)

month

San Francisco,

California

Kansas City,

Kansas

New York,

New York

Annual 14.1 13.7 13.1
Jan 10.6 -0.6 0.5

Feb

12.2 1.9 1.8
Mar 12.9 7.8 5.7
Apr 13.4 13.7 11.5
May 14.2 19.2 16.9
Jun 15.3 24.3 22.3
Jul 15.4 27.2 25.2
Aug 15.9 26.3 24.6
Sep 17.1 21.2 20.6
Oct 16.6 14.6 14.5
Nov 14.1 7.4 9.1
Dec 11.1 0.9 3.4

The wheather channel

カンザス州降水量

CBS NewYork

CBS Chicago

KCTV5 News

0℉=-17℃

エルニーニョ(貿易風が弱いと発生、翌年、異常気象、冷夏、暖冬)

ラニーニャ(貿易風が強いと発生、翌年、異常気象、猛暑、厳冬)

米海大気象局NOAAによるハリケーン予報が毎年5月と8月に発表される。 

 カリブ海の水温が前年9月あたりから上がっていると、メキシコ湾上のハリケーンが発生、拡大しやすい傾向があるようだ(2005年のハリケーン:カトリーナの時は平年より0.5~2度ほど高かったらしい)

Caribbean Sea water temperature in January ave27.4

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 26.1°C 25.9°C 27.4°C 27.1°C 27°C
2018 27.3°C 26.2°C 27.6°C 27.3°C 27.3°C
2019 26°C 24.9°C 27.1°C 24.3°C 26.7°C
2020 26.8°C 26.2°C 27.8°C 27.1°C 27.3°C
2021 26.6°C 25.7°C 27.5°C 27.4°C

27.1°C

Caribbean Sea water temperature in February ave27.1

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 26.4°C 25.8°C 27.1°C 24°C 26.7°C
2018  25.1°C

24.6°C

27°C 23.4°C 26.5°C
2019  25.9°C 24.4°C 26.8°C 23°C 26.6°C
2020  26.5°C 24.7°C 27.4°C 25.3°C 27°C
2021 25.7℃ 24.8℃ 27.2℃ 25.9℃ 26.9℃

Caribbean Sea water temperature in March ave27.1

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 26.3°C 26.2°C 27.1°C 25°C 26.7°C
2018 26.4°C 25°C 26.9°C 23.8°C 26.5°C
2019 25.7°C 24.4°C 27°C 22.6°C 26.6°C
2020 26.6°C 26°C 27.4°C 22.3°C 26.7°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in April ave27.6

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 27.7°C 26.5°C 27.5°C 26.2°C 27.2°C
2018 26.9°C 25.8°C 27.5°C 26°C 26.9°C
2019 27°C 25.8°C 27.5°C 25.9°C 27.2°C
2020 27.6°C 26.6°C 27.9°C 26.5°C 27.6°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in May ave28.1

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 28.7°C 26.6°C 28.1°C 28.7°C 27.7°C
2018 28.3°C 25.9°C 27.8°C 28.5°C 27.4°C
2019 28.1°C 26.3°C 27.8°C 28.5°C 27.6°C
2020 28.7°C 26.7°C 28.4°C 28.6°C 28.4°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in June ave28.3

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 29.1°C 26.7°C 28.3°C 28.9°C 28.4°C
2018 28.6°C 25.8°C 27.8°C 28.7°C 28.1°C
2019 28.7°C 27.2°C 28.3°C 29°C 28.5°C
2020 29.1°C 27.3°C 28.9°C 29°C

28.9°C

2021          

Caribbean Sea water temperature in July ave28.3

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 28.6°C 27.4°C 28.8°C 28.9°C 28.6°C
2018 27.8°C 25.9°C 28.5°C 28.4°C 28.3°C
2019 28°C 26.7°C 28.9°C 28.7°C 28.7°C
2020 28.6°C 27.7°C 29.3°C 28.6°C 29.1°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in August ave29

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 29°C 28.2°C 29.2°C 29°C 29°C
2018 28.4°C 27.2°C 28.8°C 28.5°C 28.6°C
2019 28.6°C 28.2°C 29.3°C 28.7°C 29.2°C
2020 29°C 28.5°C 29.3°C 28.5°C 29.2°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in September ave29.4

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017

29.8°C

29°C 30°C 28.9°C 29.4°C
2018 29.1°C 28.1°C 29.2°C 28.7°C 28.9°C
2019 29.3°C 28.8°C 29.9°C 28.5°C 29.7°C
2020 29.5°C 29.4°C 29.7°C 28.6°C 29.3°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in October ave28.8

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 29.7°C 28.2°C 29.6°C 28.7°C 29.2°C
2018 29.1°C 28.6°C 28.9°C 28.5°C 28.6°C
2019 29.4°C 28.9°C 29.7°C 28.5°C 29.5°C
2020 29.5°C 29.5°C 29.5°C 28.4°C 29.3°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in November ave28.3

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 29.1°C 28.2°C 29.1°C 28.1°C 28.6°C
2018 28.5°C 27.2°C 28.7°C 28.4°C 28.2°C
2019 28.9°C 28.4°C 29.2°C 28.5°C 28.8°C
2020 29.1°C 28.9°C 28.7°C 28.1°C 28.4°C
2021          

Caribbean Sea water temperature in December ave27.7

NAME Barranquilla Caracas Kingston Panama City Santo Domingo
2017 28.1°C 26.8°C 28.5°C 27.6°C 28.1°C
2018 27°C 25.4°C 28°C 27.7°C 27.6°C
2019 28.1°C 27°C 28.6°C 28.2°C 28.1°C
2020 28°C 26.9°C 28.3°C 27.9°C 27.8°C
2021          

週間スケジュール

(コーン大豆)週間輸出検証高 6:00

(コーン大豆)クロップ・プログレス(4月~11月までの6:00)

 

(原油)石油在庫統計 23:30,0:30

(原油)週間原油在庫 5:30,6:30

(gas)週間天然ガス在庫統計 23:30,0:30

(コーン大豆)週間輸出成約高 21:30,22:30

(原油)稼働リグ数 3:00

原油(価格調整日3/15)

9~10月

ドライブシーズン終了、ガソリン需要減↓

製油所は定期点検の時期↓

ハリケーン注意、メキシコ湾岸に直撃すれば、乱高下⇅

前年からカリブ海などの水温が上がっているとハリケーンの勢力が大きくなる傾向がある

米海大気象局NOAAによるハリケーン予報

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

14 September

14 October

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Monday, 13 September
Wednesday, 13 October

11~12月

冬の暖房需要の先取り↑

製油所による原油在庫の取り崩し(節税対策)で、買い意欲が強まる↑

OPEC総会(減産、増産次第)⇅

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

16 November

14 December

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Thursday, 11 November
Monday, 13 December

1月

冬暖房需要がピークになり、需要出尽くし↓

原油在庫の積み増し↓

大口投機筋のポジション整理による下落↓

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

19 January

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Thursday, 14 January

2月~3月

原油在庫は積み増し↓

石油製品在庫は取り崩し↑

季節外れの寒波があると、供給不足↑

夏場のガソリン需要の増加↑

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

11 February

17 March

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Thursday, 11 February
Thursday, 11 March

4月~5月

ドライブシーズンを控え、ガソリン需要を意識した買い↑

五月後半あたりがピーク

米海大気象局NOAAによるハリケーン予報

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

14 April

12 May

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Tuesday, 13 April
Tuesday, 11 May

6月~7月

ドライブシーズンの実際の運航距離、ガソリンの消費動向次第⇅

OPEC総会⇅

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

11 June

13 July

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Thursday, 10 June
Thursday, 15 July

8月

バケーションにより閑散相場、突然の大きなオーダーに注意

ハリケーン警戒で買いが入れば↑

米海大気象局NOAAによるハリケーン予報

エネルギー月報

 国際エネルギー機関(IEA)石油輸出国機構(OPEC)アメリカエネルギー省情報局(EIA)

IEA Schedule

12 August

OPEC Publishing Schedule for 2021:
Thursday, 12 August

原油市場に影響を及ぼす材料

石油在庫統計(Weekly Petroleum Status Report)の見方

毎週水曜、米国夏時間:日本時間午後11時半、冬時間:日本時間午前0時半の発表。

Tablesの1 U.S. Petroleum Balance Sheet9 U.S. and PAD District Weekly Estimatesを見る

①在庫(Ending Stocks)

 原油(Crude Oil)、ガソリン(Total Motor Gasoline)、流出油(Distillate Fuel Oil)が重要

 中西部に位置するオクラホマ州クッシングの在庫は、石油供給の拠点、CME原油先物の受渡し地点なので、注目度が高い

②輸入、輸出(Imports,Exports)

 シェール・オイルの生産によって、輸入の割合が低下し価格への直接的な影響もほとんど見られなくなっている。

③石油製品需要(Product Supplied of Petroleum Products)

 製油所から出荷されるガソリンや留出油などの石油製品の量を、前週金曜までの1週間の日量平均という形で出している(ただし、出荷段階のもので最終需要の増減ではない)

 

④原油生産(Crude Oil Production)

 シェール・オイルの生産増が注目される

⑤製油所稼働率(Refiner Utilization)

 「米国内の製油所が、自己の精製能力のうちのどの程度を生産に使用しているのか」を見る指標。製油所が将来の需要動向をどのように見ているかの手掛かりになる。   

 製油所稼働率=製油所で消費された原油量/製油所全体の精製能力×100

 平均的な稼働率は90%、90%半ばで能力限界まで稼働、メンテや事故等で停止すると80%台になる。

 

エネルギー月報

国際エネルギー機関(IEA)

 毎月前半に発表、世界の石油需要に関する記事が読める(ただし、一か月遅れ)

石油輸出国機構(OPEC)

毎月前半に発表、「World oil demand(世界の石油需要)」「World oil supply(世界の石油供給)」「Stock Movements(在庫移動)」に注目

アメリカエネルギー省情報局(EIA)

 毎月前半に発表し、世界市場における需給の状況を、細かく分析している。

 EIAでは、「Full report」をクリック、レポート内の「Table1. U.S.Energy Markets Summary」と「Table3a.INternational Petroleum and Other Liquids Production,Consumption,and Inventories」に注目

上記の月報で注目項目は

②OPECに対する石油需要(Call on OPEC)

 世界需要見通しから、非OPEC産油国の生産見通しを引いたもの。

 OPECが”Call on OPEC”を超えて生産すれば供給過剰、”Call on OPEC”を下回る生産なら需給はひっ迫する。

③OPEC生産量

 第三者の推定(secondary sources)による生産量が市場の信頼度や注目度が高い

④非OPEC産油国の生産量

 シェール・オイルの開発が進み無視できなくなってきたが、注目度はやや低い

⑤在庫量

 在庫が過去5年平均と比べてどのような水準にあるか、ここ数か月の傾向、取り崩しは続いているかあるいは積み増し圧力が強まっているかをチェック

 

米国石油協会(API)の週間原油在庫

 日本時間、毎週水曜日の朝(夏5:30、冬6:30)発表

 

稼働リグ数(ベーカーヒューズ社)の見方

 毎週金曜 日本時間3:00に発表。エクセルデータの「Location」に注目

 稼働リグ数の増減は半年ほど遅れて、実際の生産量が変化するよう。目安程度。

    Rotary Rig Count      
  2/12/21        
      Week   Year
Location Week +/- Ago +/- Ago
Land 379 4 375 -387 766
Inland Waters 1 0 1 0 1
Offshore 17 1 16 -6 23
United States Total 397 5 392 -393 790
Gulf Of Mexico 17 1 16 -6 23
Canada 176 5 171 -79 255
North America 573 10 563 -472 1045
U.S. Breakout Information This Week +/- Last Week +/- Year Ago
Oil 306 7 299 -372 678
Gas 90 -2 92 -20 110
Miscellaneous 1 0 1 -1 2
Directional 18 0 18 -29 47
Horizontal 356 2 354 -357 713
Vertical 23 3 20 -7 30

 

経済指標

密接に関係性があるもの

 鉱工業生産指数、ISM指数やフィラデルフィア連銀指数などの景況感指数、製造業受注、国内総生産(GDP)、個人所得、個人消費支出など

コーン・大豆(価格調整日4/27)

 コーンや大豆の作付けは4月から始まるが、相場は3月から始まる。主要生産州は、アメリカ中西部とブラジル中西部

ウィスコンシン州、オハイオ州、インディアナ州、イリノイ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ネブラスカ州、アイオワ州、ミネソタ州、ミシガン州、カンザス州、ミズーリ州など。

ブラジルはブラジリア、ゴイアス州、マットグロッソ州、南マットグロッソ州

画像はwikipediaより

3月

S-C比に注目。USDA参照

S-C比が2.00台後半になると大豆の栽培が有利とされる

S-C比(Soybean to Corn Price Ratio)とは

 大豆価格をコーン価格で割ったもの。

 S-C比=大豆価格/コーン価格

 S-C比が2.00台後半になると大豆の栽培が有利だが、肥料価格、農地の状態もあるので一概には言えない。

 コーンは、肥料を多く必要とし連作すると土地が疲弊することに注意 

最終営業日に米農務省(USDA)から作付け意向調査発表

需給報告(毎月1回、10日前後)

四半期在庫(Grain Stocks)

 年4回、3,6,9,12月の月末(12月は翌年1月の10日前後)

NOAA(Latest news and features)

ブラジル・アルゼンチン収穫期(3~5月)

4月~

5月半ば

作付け開始。長雨(特にコーン)と低温だと作付け作業に影響する

作付けの遅れは強気だが、大豆の場合は弱気に転じることもある。

技術の発達で少々の遅れは取り戻せる。

低温による生育の遅れは深刻。コーンは土中温度が7℃以下で発芽しない。コーン↑大豆↑

コーンは作付けが遅れすぎると、大豆に切り替える場合がある。コーン↑大豆↓

米海大気象局NOAAの天気予報

需給報告(毎月1回、10日前後)

ブラジル・アルゼンチン収穫期(3~5月)

5月後半~

6月後半

供給不安が後退するにつれて売り圧力が強まることが多い時期↓

天候に注意(雨が少なく、土壌水分量に懸念があると急騰もあり得る)↑

需給報告(毎月1回、10日前後)

四半期在庫(Grain Stocks)

 年4回、3,6,9,12月の月末(12月は翌年1月の10日前後)

ブラジル・アルゼンチン収穫期(3~5月)

6月末~

7月半ば

受粉期

高温乾燥が続けば、単収(イールド)が低下、生産が落ち込む。↑

需給報告(毎月1回、10日前後)

7月後半~

9月初め

受粉期終了。降雨予報をきっかけにポジション整理の売りが始まる↓

大豆の場合は天候によって、延長戦もある

需給報告(毎月1回、10日前後)

四半期在庫(Grain Stocks)

 年4回、3,6,9,12月の月末(12月は翌年1月の10日前後)

9月前半~

10月末

収穫作業の進捗状況に注目

好天に恵まれれば、売り↓

悪天候なら買い↑

USDAのレポートに注目

8月から10月までの生産見通しが引き上げられる年は売り圧力が強い状況が年明けまで続く可能性もある。↓

需給報告(毎月1回、10日前後)

ブラジル・アルゼンチン播種期(10~12月)

11月~

12月

収穫作業はほぼ終了。

輸出などの需給面に注目。

収穫期の売りは出尽くし、買戻しが始まる。↑

南米生産国の生育状況に注意

 ブラジルの生産地で高温乾燥が続くようなら特に大豆は強気↑

需給報告(毎月1回、10日前後)

ブラジル・アルゼンチン播種期(10~12月)

1月~

2月

「2月の安値(February Low)」に注意(特にコーン)

需給報告(毎月1回、10日前後)

四半期在庫(Grain Stocks)

 年4回、3,6,9,12月の月末(12月は翌年1月の10日前後)

コーン・大豆に影響を及ぼす材料

週間輸出成約高(Weekly Export Sales)

 毎週木曜米東部時間8:30

 ばらつきがあるため中長期的な傾向をつかむために、過去4週間の平均に注目

 4週平均が100万トンを超えれば輸出は好調とみられ、買い材料

 逆に70万トンを割り込んでくると、売り材料

 ※契約が成立した時点の数字なので、キャンセルもあることに注意

 成約高と一緒に実際に輸出された量も発表されるので、そちらも確認する

週間輸出検証高(Weekly Export Inspection)

 毎週月曜米東部時間16:00

 1週間で検疫された量がデータに表される。輸出成約高のほうが重視される。

クロップ・プログレス(Weekly Crop Progress)

 4月~11月までの毎週月曜米東部時間16:00

 4月から11月までの作物の作柄や生育の進行状況がレポートされる

 作柄を不良(Very Poor)、やや不良(Poor)、平年並み(Fair)、やや良(Good)、良(Excellent)の5段階に分け、カテゴリーの割合が示される。

 良からやや良の割合が全体の何パーセントかが注目される。(どの程度がいいかはケースバイケース)

需給報告(World Agricultural Supply and Demand Estimates)

 毎月1回、10日前後、5月と8月の注目度が高い。

 農産物の米国内市場と世界市場における需要と供給の推定が発表される。

 市場の注目度が高い

報告書の見方(コーンの場合)***

                          2018/19  2019/20 Est. 2020/21 Proj. 2020/21 Proj.
Item                                                      Jan           Feb
================================================================================                                           
CORN
Area Planted                 88.9          89.7          90.8          90.8
作付け面積
 どの程度の農地に作付けされたか
Area Harvested               81.3          81.3          82.5          82.5
収穫面積
 作付けされた農地のうち、実際に収穫されるものがどの程度あるのかというもの。通常は1割程度低くなる。
                                             Bushels
Yield per Harvested Acre    176.4         167.5         172.0         172.0
単収(イールド)&生産量
 イールドは単位面積当たりの収穫量。注目度高い。
 生産量は収穫面積に収穫量を掛けたもの
                                           Million Bushels
Beginning Stocks             2140          2221          1919          1919
Production                  14340         13620         14182         14182
Imports                        28            42            25            25
  Supply, Total             16509         15883         16127         16127
Feed and Residual            5429          5903          5650          5650
飼料需要、残余分(コーン、小麦)
 飼料需要は需要の中で割合は多いが注目度は低い。
 残余分は需給の推定と実際の在庫量との誤差を調整するためのもの
Food,Seed& Industrial 2/     6793          6282          6375          6375
Ethanol & by-products 3/     5378          4852          4950          4950
エタノール(コーンのみ)
 政府のバイオ燃料に関する方針、原油価格の推移などに影響される
  Domestic, Total           12222         12185         12025         12025
Exports                      2066          1778          2550          2600
輸出
 需要面で修正が多く、相場への影響が大きい。
  Use, Total                14288         13963         14575         14625
Ending Stocks                2221          1919          1552          1502
期末在庫
 在庫がどの程度残っているか
在庫率  
 コーン10~14%、大豆8~12%、小麦30~40%が適正  下回ると需給は逼迫、上回ると緩和義務
Avg.FarmPrice ($/bu)  4/     3.61          3.56          4.20          4.30


他、国内圧搾需要(Crushing)大豆のみ
 大豆の需要で一番大きいのが、圧搾需要です。

***

四半期在庫(Grain Stocks)

 年4回、3,6,9,12月の月末(12月は翌年1月の10日前後)

 毎月1回発表される需給報告とは方向性が割れることもある

 実際の調査に基づいた数字のため、後日の修正が小幅になる。

作付け意向調査、作付け推定(Prospective Plantings,Acreage)

 毎年3月末に発表。

 新年度の需給に関する初めてのデータになるので、注目度は高い

 天候や価格動向で大幅に変更されることもある。

 冬小麦の作付けは、1月10日前後に作付け推定、3月末にその修正が発表される。

天然ガス(価格調整日3/22)

 季節性向がはっきり出る相場であり、特に重要なのが暖房需要。

11月~

12月半ば

暖房需要の増加により、在庫の取り崩しに転じる。

気温低下予報に注意

取り崩し前の在庫量が重要

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

12月後半~

1月末

在庫の取り崩し本格化

北東部、中西部、南部の気候に注意

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

2月~

3月前半

春先に深刻な在庫の取り崩しが起こるかに注目

目安として、1兆立方フィートを割り込むかどうか

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

3月半ば~

4月末

夏の冷房需要まで、需要の低迷↓

突然の寒波に注意

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

5月初め~

6月半ば

冷房需要を意識した動き

在庫の積み増しペースが鈍化してると買いが集まる

積み増しが続くなら、売り圧力が強まる

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

6月後半~

8月半ば

冷房需要に注目

北東部や中西部の大都市、南部の気温が重要

天気予報をチェックしながらの相場

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

8月後半~

10月前半

ハリケーン注意、メキシコ湾を直撃するまでは買い、その後は一転して売り

月間天然ガス生産統計(毎月末)

掘削状況報告 毎月第3月曜日

天然ガス市場に影響を及ぼす材料

週間天然ガス在庫統計(Weekly Natural Gas Storage Report)

 毎週木曜米東部時間10:30発表

※ billion cubic feet (Bcf)=十億立方フィート(Bcf) 例:implied flow で-171は-1,710億立方フィート

 在庫は通常、暖房需要期に入る11月~3月までの間は取り崩し、4月~10月までは積み増しが進む

 週に1,000億立方フィートを超える増減があると大きく反応する

 

月間天然ガス生産統計(Gross Withdrawals and Production)

 毎月末に発表。

 2か月前のデータになるので、少々古い

 

掘削状況報告(Drilling Productivity Report)

 毎月第3月曜日に発表

 その月と翌月の掘削状況と生産見通しが発表される

 シェールガスの生産動向だけならこのデータを追えばいい

TOPに戻る