Smoke expression with eevee in Blender 2.83

←Returm

Blender2.83のeeveeでスモークの表現

Smoke expression with eevee in Blender 2.83

sample smoke.zip

下準備

 球体を作り、球体を動かすための「Bezier Curve」を配置する。

 「bezier curve」を適当な形にし、

 球体の「object constraint properties」から「follow path」を追加して、ターゲットを「bezier curve」にすることで、球体が「bezier curve」に沿って動くようになる。

Preparation

Create a sphere and place a “Bezier Curve” to move the sphere.

Make “bezier curve” an appropriate shape,

By adding “follow path” from “object constraint properties” of the sphere and setting the target to “bezier curve”, the sphere will move along the “bezier curve”.

煙を発生させる

 球体を選択し、「クイックエフェクト」から煙を選ぶと、とりあえず煙は発生するようになる。

 「smoke domain」を全体が収まる程度に拡大調整する。

 「smoke domain」の設定項目は「physics property」で行うが、

設定項目は2点

「resolution division」→数字を増やすと煙が鮮明になる?

 数字を増やすと格段に処理が重くなるので注意。サンプルデータは128だが、設定中は32程度に減らしたほうがいいかも

「dissolve」にチェックし、timeを20にする→煙の出方が変わる?

 

 煙にムラを作る場合は新規に球体を選択後、新規にテクスチャーを作り、typeを雲にし、コントラストを5程度にしておく。

 「physics property」のテクスチャーの項目をチェック、新規で作成したテクスチャーを選択しておく。

Generate smoke

 If you select a sphere and select smoke from the “quick effect”, smoke will be generated for the time being.

▽ Expand and adjust the “smoke domain” to the extent that the whole fits.

The setting item of “smoke domain” is done by “physics property”,

2 setting items

“Resolution division” → Will smoke become clearer if the number is increased?

Note that increasing the number will significantly increase the processing load. Although the sample data is 128, it may be better to reduce it to about 32 during setting

Check “dissolve” and set time to 20 → Will the way smoke come out?

If you want to create uneven smoke, select a new sphere, create a new texture, set type to cloud, and set the contrast to about 5.

Check the texture item of “physics property” and select the newly created texture.

煙に色を付ける

 サンプルデータのシェーディングを参照

Color the smoke

Refer to sample data shading

←Returm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。