危険物取扱者乙1類試験のポイント

 危険物取扱者(きけんぶつとりあつかいしゃ、Hazardous Materials Engineer)は、危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格です。 このページはりすさんが作成した試験問題アプリ、りすさんシリーズの紹介と試験に出題された項目をまとめたページです。
スポンサーリンク

アプリで学習するなら
▶androidアプリはこちら
▶アマゾンで購入はこちら

▶iphoneはこちら

目次
▶  性質並びに予防及び消火の方法
▶ 法令、物理と化学は乙4のページで紹介してます
▶  乙種危険物の本  

わかりやすい!乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験 (国家・資格シリーズ 104)

性質並びに予防及び消火の方法

第1類の危険物の性状

 いずれも強酸化性である。

 水に溶けるものが多い。

 可燃物との混合物は、加熱等により爆発しやすい。

 いずれも比重は1より大きい。

 大部分は無色の結晶か、白色の粉末である。

 不燃性であるが、周囲の可燃物の燃焼を著しく促進させる。

 いずれも加熱、衝撃等により分解しやすい。 酸化性の固体である。

第1類の危険物に共通する貯蔵、取扱いの注意事項

 加熱、衝撃、摩擦などを避ける。 容器の破損や危険物の漏れに注意する。

 可燃物との接触を避ける。 分解を促す薬品類との接触をさける。

 第1類の危険物に限らず、危険物の容器は、原則として密栓して冷暗所に貯蔵する必要があります。

 換気のよい冷所に貯蔵する。

 容器は密封する。

 アルカリ金属の過酸化物およびこれらを含有するものにあっては、湿度に注意して保管する。

 酸化されやすい物質との接触を避ける。

第1類の危険物の貯蔵または取扱いの方法について、火災予防上、一般的に重視しなくてもよいもの

 接触を防ぐ必要があるのは有機物や可燃物などの酸化されやすい物質や強酸であり、粉末消火剤にも用いられている炭酸水素塩類は重視しなくてよい。

第1類危険物の火災の消火方法

 アルカリ金属の過酸化物の火災においては、水は使用せず、初期の段階では粉末消火剤や乾燥砂を用いて消火する。

 アルカリ金属の過酸化物以外は、大量の水による冷却消火が最も効果的である。

 窒息効果を主体とする消火方法は、効果的ではない。

 アルカリ金属の過酸化物は、水と反応して発熱するものがあるので、注意する必要がある。

塩素酸カリウムの性状

 無色の結晶又は白色の粉末である。

 アンモニアとの反応生成物は自然爆発することがある。

 水に溶けにくい。

 硫黄と接触すると、爆発する可能性がある。

 有毒である。

 強烈な衝撃や急激な加熱によって爆発する。

 炭素粉との混合物は摩擦等の刺激によって爆発する。

 少量の濃硝酸の添加によって爆発する。

塩素酸カリウムの貯蔵または取扱い

 熱源や酸化されやすい物質とは隔離する。

 摩擦や衝撃を避ける。

 有機物との接触を避ける。

 換気のよい冷暗所に貯蔵する。

塩素酸ナトリウムの性状

 無色又は白色の結晶である。

 容器は密栓して、換気のよい冷所に貯蔵する。

 比重は1より大きい。 可燃物と混合すると、加熱、摩擦の衝撃で爆発する。

 300℃以上に加熱すると、酸素を発生して分解する。

 水溶液は強い酸化力をもつ。

 無色の結晶である。

 潮解性があるので、特に容器は密栓して保管する。

過塩素酸塩類の性状

 過塩素酸カリウムは、水に溶けにくい。

 過塩素酸ナトリウムには、潮解性がある。

 赤りんまたは硫黄との混合物は、衝撃、加熱により爆発することがある。

 比重が1より大きい結晶である。

無機過酸化物の性状

 加熱すると分解して酸素を発生する。

 一般に、吸湿性が強い。

 有機物などと接触すると、衝撃や加熱によって爆発する危険性がある。

 アルカリ土類金属の無機過酸化物は、アルカリ金属の無機過酸化物に比べて水との反応性は低くなる。

 アルカリ金属の無機過酸化物は、水と作用して発熱しますが、その際発生するのは水素ではなく、酸素である。

無機過酸化物の貯蔵及び取扱い方法

 有機物との接触を避ける。

 加熱や衝撃等を避ける。

 乾燥状態で保管する。

 冷暗所に貯蔵する。

過酸化カリウムの性状

 可燃物と混合すると、衝撃や加熱などにより発火、爆発する危険性がある。

 水と激しく反応し、分解して酸素を発生する。

 潮解性がある。

 加熱すると分解して酸素を発生する。

過酸化ナトリウムの性状

 純品は白色の粉末である。

 水に反応すると発熱して酸素を発生する。

 比重は1より大きい。

 吸湿性がある。

 過酸化ナトリウムを加熱すると、酸素を発生する。

過酸化カルシウムの性状

 無色または白色の結晶である。

 水に溶けにくいが、酸には溶ける。

 加熱すると、分解して酸素を発生する。

 可燃物などと混合すると、加熱、衝撃、摩擦等により発火、爆発する危険性がある。

過酸化バリウムの性状

 灰白色の結晶性粉末である。

 酸を加えると過酸化水素を発生する。

 約800℃で分解して酸化バリウムになる。

 冷水にわずかに溶ける。

亜塩素酸ナトリウム

 白色の結晶又は結晶性粉末である。

 可燃物や有機物などと混合すると、発火、爆発するおそれがある。

 加熱により分解し、酸素を発生する。

 消火の際には多量の水で注水するのがよい。

 直射日光や紫外線で徐々に分解する。

 金属粉などの可燃物と混合すると、爆発する危険性がある。

 自然に放置した状態でも分解して少量の二酸化塩素を発生するため、特有な刺激臭がある。

 摩擦、衝撃などによって爆発するおそれがある。

 亜塩素酸ナトリウムは、鉄のほか、銅や銅合金なども腐食させます。

硝酸ナトリウムの性状

 無色の結晶または白色の粉体である。

 比重は1より大きい。

 加熱により酸素を発生する。

 固体の有機物と混合し、衝撃を与えると爆発する。

硝酸アンモニウムの性状

 無色の白色結晶で吸湿性がある。

 別名、硝安といわれている。

 肥料として使用することがある。

 可燃物を混合すると、加熱、衝撃、摩擦等により発火または爆発する危険がある。

よう素酸ナトリウム

 無色の結晶である。

 加熱によって分解し、酸素を発生する。

 可燃物と混合すると、加熱や衝撃等によって爆発する危険性がある。

 比重は1より大きい。

過マンガン酸カリウムの性状

 可燃物と混合したものは、加熱、衝撃等により爆発する危険性がある。

 濃硫酸と接触すると爆発する危険性がある。

 水に溶けやすい。

 日光の照射によって分解するので、遮光のため、ガラス容器の場合は着色ビンを使用する。

 約200℃で分解し、酸素を放出する。

 アルカリと反応すると、酸素を発生する。

 単独で存在する場合は比較的安定している。

 過マンガン酸カリウムは赤紫色または暗紫色の結晶ですが、水に溶けると、濃紫色を呈します。

重クロム酸アンモニウム(ニクロム酸アンモニウム)の性状

 橙赤色針状の結晶である。

 加熱すると、融解せずに分解をはじめる。 約185℃に加熱すると分解する。

 ヒドラジンと混触すると爆発することがある。

三酸化クロム(無水クロム酸)の性状

 潮解性のある暗赤色の針状結晶である。

 水、エタノールに溶ける。

 加熱すると分解し、酸素を発生する。

 水を加えると腐食性の強い酸となる。

二酸化鉛の性状

 暗褐色の粉末である。

 酸化されやすい物質と混合すると発火することがある。

 熱分解により酸素を発生する。

 電気の良導体である。

 毒性が強い。

 水に溶けない。

 不燃性である。

 アルコールに溶けない。

 二酸化鉛は、日光に対しては不安定で、日光が当たると分解して酸素を発生します。

次亜塩素酸カルシウム

 高度さらし粉は、次亜塩素酸カルシウムを主成分とする酸化性物質である。

 空気中では次亜塩素酸を遊離するため、塩素臭がある。

 可燃物と混合すると、発火または爆発する危険性がある。

 水溶性は、熱、光などにより分解して酸素を発生する。

目次
▶  性質並びに予防及び消火の方法
▶ 法令、物理と化学は乙4のページで紹介してます
▶  乙種危険物の本  

スポンサーリンク