英語で紹介するFushimi Inari Taisha(伏見稲荷)

スポンサーリンク

Cll948YVEAACIBE

Fushimi Inari Taisha, located in southeast Kyoto, is the head shrine of about 30,000 Inari shrines across Japan, with a compound of 870,000 square meters. Originally built by the Hata family in 711 to enshrine the deity of rice, it is now believed to bring good business to worshippers as well. This shrine is renowned especially for its stone fox statues in pairs as well as thousands of closelyspaced vermillion torii gates lined up along the pathway to Mt. Inari, each of which bear the name of its donor.

(京都南東に位置する伏見稲荷大社は、全国に3万社ほどある稲荷神社の総本宮であり、境内は87万平方メートル。711年に、泰氏によって稲の神様を祀るために創建されたのが始まりだが、今日では商売繁盛にもご利益があると信じられている。一対の狐の像と稲荷山 の道沿いに建てられている奉納者の名前が書かれた朱色の千本鳥居で特に有名である)

BACK TO MENU

Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 日本旅行
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ じゃらん
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ JTB
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ エイチ・アイ・エス
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 阪急交通社
1678 クラブツーリズム

スポンサーリンク