英語で紹介するIzumo Taisha(出雲大社)

スポンサーリンク

ClWqseKVEAAuxo0

Izumo Taisha, located in eastern Shimane Prefecture, is one of the oldest Shinto shrines dedicated to Okuninushi-no-mikoto, which is popularly known as the deity of nation building and good marriage. The main hall, which is designated as a National Treasure, is half the height of the original 48 meters and is well known for its great roof made of cypress bark. This sacred hall was last rebuilt in 1744 in Japan’s earliest style of Shinto architecture called “Taisha-zukuri.” Its worship hall, haiden, and Shinto music and dance stage, kaguraden, feature the huge sacred twisted straw ropes called shimenawa that hang over the entrance.

(出雲大社は、島根県東部にある古社の一つで、国造りと良縁の神として一般に知られている大国主命を祀る。国宝に指定されている本殿は、元の48mの半分の高さで、栓皮葺の大屋根でお馴染みである。この神聖な本殿は1744年に「大社造」と呼ばれる日本一古い神社建築様式で再建された。拝殿と神楽殿は入口に架かる巨大な注連縄が見物である)

BACK TO MENU

Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 日本旅行
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ じゃらん
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ JTB
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ エイチ・アイ・エス
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 阪急交通社
1678 クラブツーリズム

スポンサーリンク