英語で紹介するChuson-ji(中尊寺)

スポンサーリンク

ClH6Q18UYAAyWpn

Located in Hiraizumi, Iwate Prefecture, Chuson-ji in Hiraizumi, Iwate Prefecture, is the head temple of the Tendai sect of Buddhism in northern Japan, which is said to be founded in 850 by Priest Ennin and was registered as a World Cultural Heritage in 2011. Its main attraction, Konjikido, or “the Golden Hall,” is elaborately decorated with gold leaf, inlaid with mother-of-pearl. Constructed in the 12th century by Fujiwara Kiyohira, the founder of the Northern Fujiwara, the hall houses the mummies of three generations of the Fujiwara family.

(中尊寺は岩手県平泉にある天台宗の東北大本山であり、850 年に円仁によって開山されたとされ、2011 年に世界文化遺産に登録された。 この金色堂は、金箔で見事に飾られ、螺鈿が施されている。奥州藤原氏初代清衡によって12世紀に建立されたこのお堂には、藤原三代のミイラが安置されている)

BACK TO MENU

Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 日本旅行
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ じゃらん
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ JTB
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ エイチ・アイ・エス
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 阪急交通社
1678 クラブツーリズム

スポンサーリンク