英語で紹介するSanjusangen-do(三十三間堂)

スポンサーリンク

CkWwFyZUYAA0Glu

Sanjusangen-do is very famous for its huge Y. number of images of Kannon, the Deity of . Mercy. It is the name of the 120-meter-long Buddhist temple that houses one principal 3.3-meter-tall seated statue and 1,000 life-size standing statues of Juichimen Senju Kannon, or “11-faced, 1,000-armed Kannon.” The overwhelming array of statues are believed to transform themselves into 33 different shapes including children, women and public servants, and save people suffering from the agony of grinding poverty and incurable diseases.

(三十三間堂は、慈悲の神である観音像が多数並ぶことで知られる。本尊の3.3mの高さの木造十一面千手観音座像と、1000体の等身大の十一面千手観音立像を宝蔵する120mの仏堂が三十三間堂である。立ち並ぶ圧巻の仏像は子供や女性、公僕など33通りに姿を変え 極貧や不治の病に苦しむ人々を救うとされる)

BACK TO MENU

Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 日本旅行
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ じゃらん
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ JTB
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ エイチ・アイ・エス
Animal Series with a plane 飛行機を持った動物シリーズ▶ 阪急交通社
1678 クラブツーリズム

スポンサーリンク